定植のポイント

4月14日の定植から早くも5日がたったので、経過について買いてみたい。

ししとう: 元気がいい。茎から葉が出る場所の間隔が短く苗の背丈が低いため、根から水分を高いところまで供給する必要がない。

赤とうがらし: ちょっと元気が悪い。ししとうと比べると、茎から葉が出る場所の間隔が広く、苗の背丈が高い。根にダメージを受ける定植作業後に葉先まで水分がいきわたっていないイメージ。

メロン: かなり元気が悪いがこれでもまだ死んだ訳ではないらしい。今ある葉を枯らすことで水分の蒸発を抑え、根の活着を待って新しい葉を出そうとするらしい。恐るべし生命力。メロンはちょっと離れた別の畝に定植したため、定植後の散水を十分に受けられなかったようだ。

教訓=背丈が低い苗を選び、定植後は十分な散水を。とにかく苗の中に水分量を保つことを念頭に考える。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中