納得の早起き

農業をやってると言うと、「朝早くて大変そう」とコメントする人がいる。確かにそういう印象なんだろうし、事実、今朝は4時半に起きて5時過ぎには作業を開始していた。でもやってる方としては早起き「させられている」感じはなく、むしろ納得して積極的に早起きしていると言ってもいい。

まだ4月の終わりだが、午前10時過ぎの日差しは強烈だ。どんどん体力が奪われて作業効率が落ちていくのが実感できる。つまり炎天下の作業は同じことをやるにも余計に時間がかかるし、もちろんその分疲れる。それなら早起きして涼しいうちに短時間で終わらせた方がよっぽど合理的じゃない?って発想になる。もちろん4時半に起きるのは大変。まだ外は真っ暗だ。そんな中で準備してから空が白むと同時に作業をしていると、「涼しくて気持ちいいうちに作業ができて本当によかった」と思える。どこかの誰かが勝手に決めた朝9時出社というルールよりも、自然の摂理に従った自分の判断によほど納得ができる。そもそも農業をしなければそんな問題も起きないって?まあ、それは否定できませんがね。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中