書評:『[農業]商売の始め方・儲け方』

大森森介(ぱる出版、2008年)

森の字が続く珍しい名前の著者。内容は一般的に指摘されていることの繰り返しにすぎず、目新しさは少ない。読んで害はないが、特に得るものも少ない。それにしても農業経営本には財務諸表などの数字に裏打ちされたものが非常に少ない。『ラーメン屋入門』でも『美容室入門』でも、来客数 x 客単価からコストを引いた残りが利益です、くらいの議論はある。それすらもない農業入門本を読みながら、改めてコスト計算がない業界なんだろうなと妙に納得する。

評価(5段階、5が最高):2

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中