書評:『新 農家の税金』(第8版)

鈴木武、林田雅夫、須飼剛朗(農山漁村文化協会、2010年)

1/3くらいは農家特有の税金の話だが、残り2/3は個人事業の確定申告本の中身とそう変わらない。農業で発生しうるコスト項目が網羅されているので便利。個人的には、新規就農者にとってはこうした損益計算書の理解よりもキャッシュフローについての理解がはるかに大切だと感じる。作付けから収穫、さらに販売してようやく現金化するまでの資金繰りをどう回していくかが新規就農後数年のより大きな課題である。

評価(5段階、5が最高):3 (これは僕に確定申告の経験があるから。未経験者にはハードルを下げる意味合いからも4の価値があるかもしれません)

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中