作業ログ 6月20日(月)

0800 – 1030 荒代掻き(清滝3)
1030 – 1130 ゴボウ収穫、野菜見回り
1215 – 1515 荒代掻き(高町1)

16日から18日まで帰京。19日は大雨。25日に予定している田植えに向けて田んぼの準備が進む。今日は代掻き。田起こしで表面がゴロゴロしている田んぼに水を入れ、トラクター+ハローで表面を平らにする作業。平らになれば水を張ったときに水面と土の距離が一定になる。ジャンボタニシの食害を抑えるには水を浅くするのが有効だし、雑草を抑えるには水を深くするのが有効。つまりジャンボタニシと雑草を両方抑えようと思うと微妙な水加減が必要になる。そんなときに土面が凸凹していると水の管理がとても難しくなるし、結果として補植や雑草取りの手間が増える(しかも7月のくそ暑い時期に)。一見トラクターで行ったり来たりしてるだけに見える代掻きだが、ここの出来一つで後々の作業量が大きく変わってくる。そんな説明を受けてプレッシャーを与えられた後で高町1という3反くらいはある田んぼの荒代掻きを任された。自分でやってみないと分からないことが本当にたくさんある。というか、ほとんどやってみないと分からない。田んぼの中をトラクターで真っ直ぐ走ることすら難しいなんて、ほとんどの人には想像もできないだろう。後々まで被害が出かねない作業をもやらせてくれる元田農園の研修に感謝。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中