かんぴょう(その3)

日光種苗からかんぴょう剥き機が到着。剥き機と言っても、小さなピーラーでしかない。これで送料込み890円は高いと思うが、専用品だし他に見つからなかったので購入。かんぴょうを輪切りにしてピーラーで短冊を作る。手作業かんぴょうの外部動画はこちら()。動画を探していたら、たまたま知り合い(東京で酢飯屋という寿司屋をやってる岡田さん)が作ってる動画にあたった。

僕が作った後の台所はこちら。

物干竿に干した状態はこちら。短冊の厚みにムラがあるから、干した途端に切れて落下したものも多数。結局試作第1号は2.6kgからこれだけのかんぴょうしか作れなかった。。。とほほ。

手作業ピーラーでは時間がかかるし歩留まりが悪いと多少イライラしてた。考えるに3ヶ月もかけてここまで育ってくれたかんぴょう。最後の加工や料理工程が数時間や数日余計にかかったっていいじゃないかとも思える。それが3ヶ月かんぴょうに対する礼儀でもある気はする。そんなお利口なことを考えていたら夕立が。。。干し始めたばかりなのに。明日は朝からやってみます。

かんぴょう(その2)のエントリーはこちら

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中