作業ログ 10月6日(木)

0800 – 1100 籾摺(3反、約38袋)
1200 – 1800 稲刈り(約4反)

稲刈りシーズンがスタート。昨日の雨も上がり、これから一週間ほどは好天に恵まれそうな稲刈り日和。初籾摺は大きなトラブルもなく終了。3反で30キロ袋38袋。つまり19俵。反収は6俵半に届かず。今年は出来がいいのでは、と期待していただけにちょっとがっかりか。でも、まだ1枚目だから分からないとも言える。

稲刈りはトラブル続き。コンバインが詰まったり、エンジンがかからなかったり。スムーズに動く機械に乗ってるのは決して難しくはない。ただ何か問題が起こったときにどう柔軟に対処できるのかがポイント。これはどんな仕事でも一緒だなと思う。証券会社でアメリカ国債を売買してたときに「平時の取引は小学生でもできる」と言ってたマラソン好きな上司のことを思い出した。彼はアメリカ同時多発テロでアメリカの金融市場が閉鎖になった翌日、日本市場でみんなビビって様子見している中で最初にアメリカ国債の値付けを行った伝説の人(その値付けが正しかったのかどうかは聞いてないが)。

危機に積極的に出会いたくはないが、農機具はいつか必ず壊れ、市場もいつか必ず動揺する。今日も色んなトラブル事例が勉強になりました。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中