有機農業の祭典を終えて

2月4、5日にかけて、阿蘇で九州/山口の有機農業の祭典に出席した。参加者400人。ホテルの大きな部屋が一杯になっていた。原発が大きなテーマ。いまいち具体的なアクションプランが出なかったのが残念だ。原発事故から遠く九州では、なかなかリアリティをもって感じられないのか?

とりあえず個々人レベルでの対応は電力購入量を低下させるしかないと思っている。電力会社とは、その名のとおり「電力を売る会社」。会社が一番困るのは、商品を買ってくれないこと。我々消費者が電力に依存すればするほど、電力会社は強力になる。必要不可欠なものを提供しているのだから当然だ。消費者が電力会社にその力を与えていると言える。電力を使わないか、少なくとも電力を買っていない人はほとんどいない。その意味では、我々一人一人が加害者だと言える。知らず知らずのうちに加害者になっていたのは実に悔しい話であるのだが。対応策は二つ。根本的には電力購入量を下げること。電力購入量が下がれば下がるほど、電力会社の力は弱まる。もう一つには発電源別電力購入の選択肢を要求すること。引き続き電力を買いたい、だけど原子力発電は嫌となればこの選択ができるようにするしかない。

「原発反対」や「脱原発」といっても、具体的なアクションプランなくしては全く説得力のないスローガンに成り下がってしまう。多くの有機農家は強い意志を持っていると感じるし、自然と向き合う日々から本能的に物事の本質を捉える力があるのだろう。だが、それを大多数の人が暮らす社会のルールに翻訳する能力が欠落している。資本主義や民主主義のルールに照らしてどういう戦略が一番効果的か。その議論を期待したいし、それなくしては原発問題のみならず、有機農業そのものも大きく広がる可能性はないと感じた。常識に抗える強い意志を持った者にしか有機農業がなし得ない現在の結果が、有機農産物シェア0.5%という数字だろう。もっと万人になじみのある価値観、例えば経済合理性などに訴えかけないと、大きな広がりは期待できないのではないか。例えば有機農業シェア5%にするにはどうするか?その戦略は、現在とは大きく違ったものになると思う。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中