作業ログ 2月6日(月)+踏み込み温床

0830 – 0900 米引き取り
0900 – 1130 米出荷準備
1400 – 1530 サツマイモ苗温床準備+植え付け
1530 – 1630 春菊草取り
1630 – 1830 配送

サツマイモ苗用に温床を準備。深さ80センチくらいの穴に切った稲ワラを入れて踏みならす。米ぬかと乾燥した鶏糞(臭くない!)をまぶして水をかける。水は稲ワラがしめるくらいしっかり。これを3、4回繰り返して穴を一杯にする。これで温床が完成。稲ワラに付着している微生物が米ぬかや鶏糞を餌にして発酵して熱を出す。米ぬかは分解しやすいそうで、種火として最適だとか。翌日には発熱が始まる。実際に稼働中の温床もあったが表面温度でしっかりと暖かさを感じられるから20度以上はあるだろう。驚きの熱量。あまり熱くなっても困るので、上から籾殻を敷き詰めて断熱材とする。その上に苗土として赤土と堆肥を1:1で混ぜたものを厚さ10センチくらいに敷き詰めて完成。溝をつけてサツマイモを首の向きを揃えて並べる。覆土は隠れるくらいでOK。トンネルにしてさらに保温してもいいが、熱くなりすぎると逆に種芋が痛むそうだ。発酵熱を利用した苗作り。先人の知恵に感服です。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中