カテゴリー別アーカイブ: 農業関連書籍

書評:『日本の食と農-危機の本質』

神門善久(NTT出版、2006年)

農業経済学者による300ページ超の力作。日本の農業問題の本質(というかほぼ全ての社会問題の本質)をえぐり出した一冊。農業問題を消費者・農協・政治の各観点から解説してあるが、特筆すべきは消費者編。あまりに厳しくそして正しい指摘に圧倒された。一言でまとめれば、「消費者たる市民の意識が低いがために政治は人気取りのポピュリズム政治になりさがり、農協や官僚機構は既得権益の拡大に精を出す」というおなじみの構図。農業・建設業界・原子力村などなど、特に閉鎖性のある業界には共通した構図だ。農協や官僚機構を政治側からのチェック機構なしに野放しにすれば組織利益の最大化を目指すのは当たり前。間違っても彼らが市民利益の最大化を目指すなどと勘違いしないことだ。何か問題が起きると政治家や官僚を槍玉にあげるのが日本メディアなどの慣例のようだが、結局は組織の一員でしかない官僚や、当選しなければ無職になる政治家を責めても何も解決しない。問題の本質が自分たちの市民意識の低さにあるということを多くの日本人が認識する日は来るのだろうか。こうした本質的な議論を展開する知識人がいるという事実に救われるとともに、一番本書を読んで欲しいような当事者意識の低い市民が本書を手にする可能性がほぼゼロであるという事実に暗くなったりもする。

評価(5段階、5が最高):5 (特に第2章)
————————————————————
 筆者は、利便に走ることを咎める気持ちはまったくない。大袈裟にいえば、少なくとも産業革命以降の人類の歴史は、消費者のわがままをゆるし、利便を高めることで発達したといえる。その結果、家庭の仕事の外部化が進み、それによって経済成長を遂げてきた。感傷的に利便追求を否定するのは非現実的である。
 大事なのは、消費者の利便性追求のために、犠牲になったものがたくさんあるという冷徹な事実である。食の改善のために利便性追求を見直す覚悟(用意)ができているかどうかを、まず消費者が自らに問いただしてほしい。その覚悟(用意)がないのに、食の改善を求めるのは、消費者エゴである。(p.29-30)

広告

書評:『食は土にあり』

永田照喜治(NTT出版、2003年)

永田農法の創始者。するどい観察に基づいた考察が素晴らしい。成長という幻想をベースにした資本主義の問題点。農業という営み自体が既に人工的なものであることから、「自然農法」などという言葉遣いへの批判。原生地と同じ環境(気候・土壌)で育てる方が美味しい、などなど。その一方で永田農法の普及のためには少しの液肥を使うのは仕方ないとか、稲作で1回の除草剤は仕方ないといった甘さも感じる。よく言えばその柔軟性ゆえに、永田農法を導入する人が増えたということだろう。良いものを作りたいという高い理想と、それを普及させたいという現実的な問題の両立の難しさを再確認させられる一冊。

また本書で言及された大規模生産法人の多くが撤退している事実も受け止めるべきだろう。
ファーストリテイリング青果事業 – 2004.06 撤退
田園倶楽部(島根、トマトハウス栽培) – 2011.02 破産

評価(5段階、5が最高):4

書評:『農業が日本を救う』

財部誠一(PHP、2008年)

そんなに前向きな内容ではないので刺激的なタイトルとのギャップが気になる読後感。現在の日本農業の構造的な課題をまとめた本としては優れている。農業センサスなどのデータに裏打ちされた分析も納得できる。特に米の消費低下にも関わらず米中心主義を続けた農政への批判が素晴らしい(p.76)。ただ和郷園やNISHIYAMAなどの個別の成功事例を持ち出すだけで、普遍的な解決策の提示には至らない。成功例の共通点は「消費者をみる」というくらい。確かにそんなに簡単な解決策があるならこれほど日本農業が疲弊することもなかったと言うことだろう。以下、特に優れていると思った箇所を抜粋した。農業に関わり始めた身として非常に共感できる。

評価(5段階、5が最高):4
—————————————————————
農業は素人が考えるほど簡単ではない。簡単ではないどころか、非常に難しい。私自身の反省も込めて言うのだが、日本人は農業についてあまりにも無知だ。工場で高度な生産管理をするノウハウがあれば、テレビやクルマと同じようにトマトやジャガイモを整然と生産できるのではないかとイメージしてしまうが、そんなことはありえない。工業製品の生産ラインと自然相手の農業の現場とは似ても似つかぬ別次元の世界なのだが、それがわからない。土を使わない水耕栽培をハウスの中で展開すれば、限りなく工場の生産ラインに近づくのではないかと思うかもしれないが、それも違う。水耕栽培でも病気や害虫でハウス全体が全滅することなど、珍しくない。農業と通常の企業活動とは水と油ほどに違う。生産計画、販売計画が成り立たない事業に、企業はおいそれとは乗り出せないのだ。もちろん、なかにはカゴメのトマト栽培のように、事業として成り立つところまで辿り着きつつある事例もあるにはある(長友注:カゴメの2011年3月期決算説明会資料によれば、開始から12年かけてようやく赤字脱却が見えてきたそうです)。だが、大企業に農業参入を促しさえすれば農業が抱える問題が劇的に解消されるなどと考えるのは、幻想以外のなにものでもない。(p.17-18)

日本の農業再生に一番欠落しているものは、生産者が十分な収入を得て、農業を持続可能なビジネスになるよう、産地と消費者を結ぶ流通業者がきわめて少ないことだ。(p.42-43)

日本の農業の問題は、販作分離ができていないことです。農協が生産から販売まで関わってくるものだから、何をやっても中途半端になる。生産は生産のプロ、販売は販売のプロがやる。これが農業の鉄則です。(p.65)

生産から流通に至る農業のすべてのプロセスを「官」が管理している国など存在しないということだ。普通の日本人が普通に信じている日本の農業の仕組みは、じつは”異様”なのだということを、日本人は知らなければいけない。(p.121)

書評:『伊賀の里 新農業ビジネスただいま大奮闘』

金丸弘美(NEMO Art Planning、2002年)

モクモク手づくりファームについての本。名古屋と大阪の中間点の伊賀の山里にある年間来場者年間50万、売上25億円、社員80名、パート100名という農業ビジネスの成功例をして語られる観光農園。1988年に養豚農家の農事組合法人としてスタート。1971年の豚肉輸入自由化に端を発する単価下落に対する危機意識からの行動だったらしい。木村社長(1951年生、三重県経済連)と吉田専務(1950年生、酪協獣医>三重県経済連)の名コンビによる経営手腕によるところが多いとされる。エンジェル木村・鬼の吉田の異名をとる一次産業界を代表するスーパーコンビなのだ。二人はコンサルなど外部の意思決定に頼ることなく、全国の農業公園を視察するなどして自分たちなりの判断を積み重ねてきている。行き着いた原点は「ものづくり」。どんなアトラクションを充実させようとも、商品である食品で勝負できないとダメということだった。農業公園への投資などの豪快さとビジネスの基本に忠実な緻密な戦略が見事に融合していると感じた一冊だった。

評価(5段階、5が最高):4

書評:『農で起業!実践編』

杉山経昌(築地書館、2009年)

外資系半導体メーカー日本法人の営業統括本部長から50歳で就農した杉山さんの3作目。1作目と同様、データに裏打ちされた素晴らしい内容。就農本では数少ない数字の裏づけのある本だと評価できる。一方ではこれだけの数値管理ができる農家がどれだけいるかと考えると、ほとんどいないとも思う。そういう意味では杉山さんがノウハウをより広めるでもなく、個人経営で悠々自適な生活に満足されていることにはちょっと物足りなさを感じたりする(70代だから当然なのだけれど)。こういう数値管理を真似できる自分のような人間が、志を受け継いでいきたい。

評価(5段階、5が最高):5

書評:『食マフィアの棲む国』

吾妻博勝(徳間書店、2005年)

普段口にしている食べ物が、肥料や農薬でいかに汚染されているかを調べた暴露本。かなり刺激的な内容だが、生産者へのインタビューなども多く盛り込まれていて説得力がある。資本主義の弊害として利益最大化の時間軸の問題がある。農薬や肥料の使用は短期的に収量が上がるし収益に貢献する。しかし一回使いはじめるとなかなか依存から抜け出すことができなくなり、長期的には土壌や地下水汚染はもちろん消費者の健康をもむしばむ。福島原発事故でよく耳にする「ただちに問題はありません」というやつだ。これはほとんど全ての業種に共通して見られる傾向だから特に驚きはしないが、効率性の名のもとにいかに多くの犠牲を産んできたのかを再確認。もちろんどの業種にも(少数ながら)自らの高い倫理規範にしたがって行動できる人々がいるわけで、そういう人々に未来がかかっていると思う。個人的にはこれら資本主義の弊害を一掃したいわけだが、その第一歩としてまずは自然栽培の普及に貢献したい。

評価(5段階、5が最高):4

書評:『新 農家の税金』(第8版)

鈴木武、林田雅夫、須飼剛朗(農山漁村文化協会、2010年)

1/3くらいは農家特有の税金の話だが、残り2/3は個人事業の確定申告本の中身とそう変わらない。農業で発生しうるコスト項目が網羅されているので便利。個人的には、新規就農者にとってはこうした損益計算書の理解よりもキャッシュフローについての理解がはるかに大切だと感じる。作付けから収穫、さらに販売してようやく現金化するまでの資金繰りをどう回していくかが新規就農後数年のより大きな課題である。

評価(5段階、5が最高):3 (これは僕に確定申告の経験があるから。未経験者にはハードルを下げる意味合いからも4の価値があるかもしれません)